1. HOME
  2. ブログ
  3. 漆の不思議シリーズ 割れたお茶碗修復

漆の不思議シリーズ 割れたお茶碗修復

壊れた陶器の写真は金継という技法で割れた破片を漆でひっ付けて修理し、元の形に再生します。

麦漆(漆と小麦粉と水を練り合わせた糊)ではりあわせた陶器の隙間に、漆下地を施し、数回漆で固めて、器を元の形に復元します。

陶器の破片を漆を接着剤として使って、復元できました。これから、金粉を蒔いて、金継ぎの仕上げに入っていきます。

金継ぎしたところはまるで純金を貼り付けたように見えて豪華になります。大切な陶器を末永く使うための先人の知恵が結集された伝統技法です。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事